前回のブログ
【四柱推命の命式から見る、恋愛と執着について】 – 四柱推命鑑定心理カウンセラー

どこか足りない満たされないっていう人は、『ないもの』にフォーカスを当てるんじゃ無くて、『あるもの」にフォーカスして下さいって良くありがちなんだけど…それってよく分からないよね。

そうじゃ無くて、今ある『現実』として冷静に第三者目線で見てみる。

仕事がある
家がある
布団がある
体が動く
ご飯が食べられている
お風呂に入れる
服がある
靴がある
カバンがある
異性
とか。

現実、最低限これってあるよね?

それに対して、分かり易く
ステータス感満載の仕事
高級マンション
キングサイズのベッド
高級外車
毎食、三ツ星
ジャグジー付きのお風呂
ブランドの服
ブランドの靴
ブランドのカバン
リッチな異性
とか。

っていうのは、『今の現実持っているもの』に気付けてなければ、新たにまた次のものを手にしたところで、今持ってるものに気付けてなければ『もっと…!』が消える訳がない。

意外に『今』足りている自分自身を“分かってない・
知らない”のに、その先のそう叶った時に『満たされている』かどうかなんて知り得ない。

更に、落とし込むと『今』まで寝食共に生きてくれた自分自身に『感謝・ありがとう』ということをちゃんと言えるか?っていうこと。

そこからが、始まりなんだと思う。

今あるものに気付けたら、次の人生における心構えのステップが待っている。

『初めてお越し下さいました方へ』 – 四柱推命鑑定心理カウンセラー

『鑑定 メニュー』 – 四柱推命鑑定心理カウンセラー

『自分と向き合うメニュー』 – 四柱推命鑑定心理カウンセラー