ジャッジは判断するという意味で、生きる限り常に判断して選んでる。

 

生きている限り、生活も仕事も食う寝る遊ぶもセックスも【判断して選択】(人は1日のうちに9,000回選択しているとも言われるデータも)の場面の連続でしかない。
人生、何を選択するか?って事。

 

選択した結果が【今】

だから、【今を見れば】【何を選択してるのか?選択してきたのか?】が分かる。

 

私なら、
未婚とか。
少し肉のついた体とか。
住んでいる家とか。
仕事とか。

 

そうやって【丁寧】に一つ一つ見ていくと、私が何をジャッジ・判断して、決めているのか分かる。

【今を疑う】
その仕事
そのライフスタイル
そのファッション
その体
その友達
その彼氏
その彼女
その奥さん
その旦那
その親
その子供
私自身
その見方・捉え方、本当に『それ』なの?

丁寧に疑う。

 

 

すると段々見えてくる。
【本当の私】

 

 

面白い位に視界が広がる。
世界が変わりだす。

 

小さな子供は、大人に「それなに?それは?ふーん…」と良くやるのと同じ。
考えたり、納得したり、話し出したりする。

 

大人になっても、同じことをしてみたら良いと思う。

“ねえ!それ、ほんと?!”
やってみて、本当だったらそのままでも良いし、“ん?”と思うならもう少し考えてみて良いと思う。

 



服も有る中で納得した物を判断して着る。をする。
f:id:megumi-sakurai:20161116205608j:image