私がどうして、四柱推命や心の事を仕事としているかというと過去に受けたことがあるからです。

 

 

 

催眠療法やカウンセリングを受けたのは小学の低学年の時。

 

 

 
わざわざ栃木県の益子という田舎から、東京の中野にまで出掛けて催眠療法を受けたことが何度かある。
私と兄がイジメにあっていたからだと、大人になったは私は解釈しているけど、母に聞いてもハッキリとした理由は覚えていないようで。
何かの心のトラブルが残ってはいけないと母は心配していたのだと思います。
体の大きなおじさんに、兄と私は抱えられて受けている思い出があって、今思うとそんなやり方があるのかと不思議でならないけれど。

 

 

 
2度目は、26歳頃の摂食障害の時のカウンセリング。
カウンセリングは基本的には傾聴のみ(アドバイスとは異なり、カウンセラーがクライエントに対して明確な解決策を直ちに提示することは原則的にない。これは、カウンセリングという場においてクライエントが自らに向き合い、その作業を通じて新しい理解や洞察に自発的にたどり着く)になるので、人生を振り返って行くだけという、焦っている私には全くじれったくて余り意味を感じれなかった。
かなり上からですが、私がカウンセラーになった方が絶対に上手く出来るって思ってました。(その時はカウンセラーの本質知らなかったから逆に不満が残りました)

 

 

 
3度目は、29歳に東京に出てきてから、東京に知り合いもいなく、彼氏が出来ても淋しさは拭えず、更に逢えないと逆に淋しくて1日2回の過食嘔吐をほぼ毎日しながら仕事をするという状態の時。
両親に助けを求めて、カウンセリングを再度行くことにしたけれど、毎回担当が変わり何も改善されない焦りから、逆に悪化し岡山の摂食障害の回復施設に8ヶ月入るという結果になりました。

 

 

 

 

 

緩和はしたものの、大きな改善はなく、週2、3で吐く生活は変わりませんでした。
食べ物に依存している訳ですから、男性にもストーカーや束縛的にならなくても、依存が強かったと思います。

 

 

 
しんどかったです。
吐く為の時間とお金と、体力と、思考と、全てが奪われる。それをする事によって、考えなくて済むというメリットも生まれる。

 

 

 
31歳から5年過ぎて、心身調律セラピストの岡田哲也さんに出会い、子宮委員長はるちゃん、happyさん、ご自愛ライフスタイルアドバイザー小原綾子さん、女性性開花プティラドゥ藤本さきこさん、加美大輔さん、ナリ心理学のタケダカズナリさん、というような順番で出逢っていくうちに、摂食障害や過度な依存は治りました。

 

 

 

 

 

ようやく、自分の人生というものに向き合う様に成ったという事だと思うのですが。
自分の質問は自分だけのもの、答えは全て自分の中にしかない。
過去は外にばかり、答えを求めていました。でも、自分だけではどうにもならない事も在るという事を知ったのも大きかったです。
鏡の法則の様に全て自分でもあり、自分のせいで無いという事も在る事を知る。
宿命と運命みたいなもので、宿命は変えられないもの。運命は変えられるもの。

 

 

 

例えて言うなら、列車の行き先は決まっている。でも、その行き先に乗るか乗らないかは、自分自身の意思で変えられる。

 

 
その間には、算命学や帝王学、四柱推命も何万か払って受けましたが、大変なことだけ言われて、その対処法は教えて貰えず落ち込んで帰るというなんとも言い難い鑑定結果でしたが、今思えばそれがあったからこそ、四柱推命鑑定でどういう風にしたら、その人の星や運勢を活かせるのかきちんとお伝え出来るように成りました。

 

 

 

 

2016年の2月に心理カウンセラーの資格をとり、2月末に四柱推命鑑定を受けて、今の師匠を紹介してもらい、『心理カウンセラーと四柱推命鑑定を合わせたら、とても良い鑑定が出来るんじゃ無いか?!』とワクワクしながら学び、5月から仕事として鑑定を受ける様に成って、その間にも色んなセミナーに行きながら自分を知る作業をしてきた。

 

 
そうしたら、いつの間にか過食嘔吐は治り、9年間に渡る睡眠導入剤依存も止まりました。
睡眠導入剤はマイスリーという薬なのですが、眠りにつけないって明日の予定とか考えると、本当に苦痛なので服用がなかなか止められないのです。

 

 

 

 

思い返すと、私の人生は人間の三大欲求が睡眠欲食欲性欲が著しく麻痺していました。
生きていく上で切っても切れない欲求。
それは人生辛くなります。

 

 
今はその三大欲求と上手に付き合えるようになりました。
治らないと思い込んでいたものが治って、つくづく幸せだなと感じています。
【人と比べて羨んだり下に見ていたりした時間を、自分は何をしたい?】と考えるようになったのがとても大きいです。
世の中の流れを知るのも、占いも良いのですが、その前に【自分ありき】自分のベース、土台がが出来ていないと上に何かを乗せても崩れてしまい意味がないのです。
だから、その経験を活かして『過去の私と同じような思いをしている人の糧に成れたら嬉しい』という思いで四柱推命鑑定やセッションをしています。
 

 

4月鑑定、セッションは残り4枠になります。メニューからお問い合わせください。

(ふくろうで、苦労知らず♡猛禽LOVE)